ロレックスの人気と魅力をご紹介

KING OF ロレックス

KING OF ロレックス


ロレックスとはどんなメーカーなのか


ロレックスとは世界的に有名な高級時計メーカーの一つであり、本拠地はスイスのジュネーヴにあります。
創業者はハンス・ウィルスドルフというドイツ人であり、このウィルスドルフは西暦1900年、19歳の頃にスイスの時計関連企業に就職し、そこでイギリスへ時計を輸出する仕事に従事することになります。
その後1903年にはロンドンに移って1905年に義兄弟のデイビスとともにウィルスドルフ&デイビスという会社を立ち上げました。
このウィルスドルフ&ネイビスはウィルスドルフが初めて独自に設立した時計商社であるため、ロレックスのルーツはこのウィルスドルフ&ネイビスにあるとも言われています。

ロレックス買取りまとめ

その後の1915年11月15日、第一次世界大戦によってウィルスドルフの母国であるドイツ帝国がイギリス帝国と対立関係に陥ってしまったことを機にドイツ人名であるウィルスドルフを名前から外し、歴史上初めてロレックスという名を冠した企業、ロレックス・ウォッチカンパニーの設立に至ります。
その後幾度かの経営者交代を経験しながら100年以上継続してこのロレックスの名は守られ続け、今日まで残り続けているということになります。
さて、ロレックスとはこうした歴史を持つ企業であるということを踏まえた上で、ロレックスが作る時計の魅力について見て行きましょう。
ロレックスの魅力とは何かという質問への答えは非常に悩ましいものがあるのですが、まず挙げられるのは「常に新しい時計の在り方を模索する」という探究者精神です。
先ほど述べた通りロレックスが誕生したのは20世紀になってからのことであり、老舗とされる高級時計メーカーが18~19世紀に集中して誕生していることを考えると比較的歴史が浅い企業であると言えます。

ロレックスデイトジャストの買取り

しかしながらその新しさ、伝統に縛られない発想は20世紀初頭にあった「時計は水につけると壊れる」という概念を根底から覆すオイスターケースの開発に繋がります。
加えてそれまでは手でゼンマイを巻くのが当然だった中で自動巻き時計の生産にいち早く乗り出し、またたく間に世界中にロレックスの名は轟くことになったのです。
また現在のロレックスの魅力を考えると、やはり「時計の心臓部であるムーブメントを自社で開発し、製造している」ということも挙げるべきです。
かつての時計業界では高級腕時計でもムーブメントはエボーシュと呼ばれるメーカーから買って搭載するのが普通だったのですが、ロレックスは自社でムーブメントを開発して時計作りを行うことに成功しました。
現在でもその一貫した自社開発・生産は受け継がれており、こだわり抜いた外装とムーブメントによって美しさと実用性を兼ね備えた時計作りを行っています。
高級腕時計としての知名度も群を抜いていることから、ロレックスとは飽くなき探究心によって新たな時計を作り、現代までその魂を受け継いでいるメーカーと評することができるでしょう。


関連動画


最新記事

Powered by RSSリスティング